ホーム > メンズ > パターンオーダー  > パターンオーダースーツ(生地・素材選びについて)

パターンオーダー オーダースーツメンズ・パターンオーダーのすすめ

パターンオーダーのすすめ1 スーツ編 (1/4)

信濃屋では、プレタ の他に、パターンオーダーも取り扱って居ります。
実際にオーダーされたお客様の実例と合わせて、ご紹介致します。

※画像はクリックすると拡大表示されます。

ご来店

事前ヒアリング 今回のお客様は、当社ホームページをご覧頂き、ご興味を持たれたA様(40代後半・男性)。
 A様が成人された時は、ちょうどDCブームの真っただ中。そのため、若い頃はDCブランドの洋服を中心に購入されていましたが、クリエイティブなお仕事のため、会社では私服で過ごすことがほとんど。客先に打合せで訪問する以外スーツを着る頻度が激減し、スーツとはなかなか縁遠い日々でした。しかし、最近PTAの役職を得た事により、スーツの使用頻度が増えたため新調を決意されました。

 信濃屋では、お客様のご希望やお好みにお応えするために、最初にヒアリングを行わせていただいて居ります。 ヒアリングといっても堅苦しいものではなく、気軽におしゃべりを楽しむ感覚で、お話しをいただければと思います。


信濃屋: PTAのお仕事では、人前にも立つことが増えますし、スーツが必要になりますね。
A様:

そうなんです。仕事柄、昔と比べてスーツを着る機会が極端に減ってしまったので、これを機に新しく買おうと思ったんですが、最近のスーツは細身のシルエットが中心でしょう?
自分のように胸板が厚くて足もがっしりしている体型だと、なかなか体に合う服が見つからなくて…。
それと長く着用したいので、芯地がしっかりしていて、型くずれのし難いものがないか、困っていたんです。

 

 A様のお悩みは、体型に合うものが見つからないことでした。
 また、お母様が仕立のお仕事を、ご友人が服飾関係の学校に通われていたこともあり、パターンの重要性や生地選び、芯地の大切さなどは事前にご存知でした。


信濃屋:

そうですね。おっしゃられる通り、服は生地とパターンがとても重要です。単なる見た目だけでなく、縫製のグレードで長く着られるかどうかも左右します。

A様: たまたま知り合いから信濃屋さんのホームページを教えてもらって、老舗のパターンオーダーなら安心できるかなと思い、相談してみようかなと。
信濃屋: ありがとうございます。
A様: とはいえ、毎日着るわけでもないので、正直、あまり高いのもちょっとな、と思っているんですが…。
安価なパターンオーダーのホームページも数社見てきていますので。
信濃屋: ご安心ください。手頃な価格の生地も豊富に取り揃えて居ります。
また、当社のパターンオーダーは、よりお客様の体に合うように調整が出来るイージーオーダーに近く、縫製は国内でトップクラスの提携工場を使用しています。
A様: 単に価格だけではなく、目に見えないところでこだわりを感じますね。
それでは、お願いしたいと思います。
信濃屋: ありがとうございます。
それでは、さっそく生地から選んで頂きます。

 

生地選び

A様: すごい、こんなにあるんですか!
これは迷いますね。実は、他社さんのホームページをいくつか見たのですが、どれも生地の種類は予め決まっていたり、別途費用で何パターンか追加されて、その中から選べたりするというものでした。
確かに価格は安いのですが、こだわりをもったスーツが作れないという印象だったんでんす。
信濃屋: そうですか。当店では、インポートの生地を中心に取り扱っていますが、国産のリーズナブルな生地もお薦め出来るようにご用意して居ります。
A様: インポートの生地は良いのは分かっていますが、最近の国産生地も選択の巾が広がっていると聞いています。予算は抑えたいけど、選ぶ楽しみは味わいたいんです。
その点、信濃屋さんのパターンオーダーはエントリーの価格帯でもこれほど多くの生地から選べるのにはびっくりです。
これなら、他人と違ったこだわりのスーツが作れますね。今から出来上がるのが楽しみになってきました。
信濃屋: 生地選びは、パターンオーダーの楽しみのひとつでもありますからね。
ゆっくりご覧になって選んで下さい。

 

生地選び 生地選び

 

信濃屋: 生地はどのようになさいますか?
A様: いくつかストライプで候補はあるんですが…。こちらと、このストライプでは?
信濃屋: そうですね。最近は、シャドウストライプ(ストライプ模様だが、模様自体があまり目立たない配色になっているもの)も若い方に人気ですが、ストライプのハッキリしている柄も若々しく見えると思います。
A様: では、これに決めました。
信濃屋: 絹が少し入った素敵な生地ですね!お似合いになると思います。

 

生地選び 生地選び

 

ボタン・裏地選び

信濃屋:

それでは、次にボタンと裏地を選んで頂きます。さりげないオシャレを楽しまれる方が多いこともあって、ボタンや裏地も多くの選択肢をご用意して居ります。

A様: さりげない感じで、ちょっと違うものをというのは、オシャレの基本ですからね。ボタンもこんなに種類があるんですね。
信濃屋: そうですね。 ご用意しているボタンには、プラスチックのレギュラーボタンから、ナットボタンや貝ボタン・水牛ボタンまで色々とお選び頂けます。ブレザーではメタルボタンもお選び頂けますので、お客様のイメージに合せて仕立てる事が可能です。
A様: やはり、この水牛のボタンは高級感、存在感があって良いですね。
信濃屋: こちらのお色でしたら、お選びになった生地にぴったりだと思います。

 

 

信濃屋:

最後に裏地を選んで頂きますが、当店では、吸湿・放湿性に優れているキュプラをお薦めしています。

A様: 無地から柄物まで種類があるんですね。
信濃屋: 一般的には表地と同色系の無難な無地をお選びになるお客様が多いのですが、あえて違う色でオーダーされるお客様もいらっしゃいますよ。
A様:

そうですか。信濃屋さんのイメージと言えば、ペイズリー柄ということをお聞きしているので、どうせ仕立てるのであれば、このブルー系のペイズリー柄は、どうでしょうか?

信濃屋: このような組み合わせは初めてですが、合わせてみるとなかなか良いですね。
A様: そうですね。思った程いやらしくなくてきれいですね。裏地はこのペイズリーにします。

 

 

それでは、パターンの決定と採寸をさせて頂きます

ページの先頭へ戻る